輸入住宅

RSSBLOG

カナダ・メリットキッチン本社研修レポート|後編

2018.01.25

P1030851

メリット社の研修2日目は、ブリティッシュコロンビア州サレーにある本社工場へ。

メリット社ではキャビネット(箱)と一部の木製ドアおよび全てのMDF製ドア(扉)は最新鋭の機械でオートメーション化された自社工場で製造しています。 

前編 はコチラ

   メリットキッチンはオーダーメイド

メリット社の製品はオーダーメイドを売りにしているだけに、機械を使って効率や精度を追求しながらも職人さんの手作業で仕上げる工程が多く残されています
塗装一つにしても サンディング→下地塗装→サンディング→塗装→サンディング→トップコート(色によってはもう一度塗装してトップコート) の多層仕上げを行う丹念な作業工程。
チョーキングなどの塗装オプションは手作業にて加工・塗装してからトップコート仕上げを行います。完全に高級家具と同一の扱いと言えます。
 

   メリットキッチンのこだわり

そのほかにも、ドアの仕上がりは目視で最終チェックを行い、キャビネットや引き出しに取り付けるなど、こだわりの製造工程はメリット社が世界トップクラスのキッチンメーカーであることを感じさせられます。また、メリット社ではドイツの技術をふんだんに取り入れ、精度・機能性と美しさを兼ね備えたキャビネットを生産しています。
梱包も面材側にはクッション材を入れ、輸送用のパレットに積む時にはキャビネットの方向や積載の効率まで考慮して積んでいるというこだわり具合。
特に、日本向けの製品はより注意してくれているようです。
製造や管理の現場を写真で紹介したいところですが、工場内の写真は公開NGとされているため、残念ながらお見せ出来ません。
下の写真はメリット社のスタッフです。ご覧の通り、日本人スタッフもいるので私達も安心して製品をお願いすることが出来ます。

そして最終日は、再びメリットのディーラーショールームへ。こちらのディーラーは従来タイルショップですが、メリットのディーラーでもあります。
海外では、タイルだけ、水栓や機器だけ、キッチンキャビネットだけ、などそれぞれのパーツごとに一般ユーザーが別々に購入できるため、この様な形態のショールームが可能になるのだと思いました。

私たちが見学した当日は、何組もの一般の方がショールームに足を運んでいました。

タイルやキッチンを真剣に吟味している様子は、住まいへのこだわりが感じます。
以上、メリットキッチンの本社研修レポートをお送りしました。
「せっかく家を建てるならキッチンにもこだわりたい!」「こだわりのセンスをキッチンでも表現したい!」という方はぜひリットキッチンをチェックしてみてください。
 
 

MERIT KITCHENS 日本語情報ページはコチラ
サンタ通商恵比寿ショールームで現品をチェック!
名称未設定-1
 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル4F
 営業時間 10:00~17:00
 定休日  日曜日・祝祭日
 専用電話: 03-5464-1128

輸入建材カタログをご用意しました。

サッシやドア、モールディング、フローリング、キッチンなど、国産品では見つける事が出来ない
高性能で意匠性が高い輸入建材をご紹介しております。
より詳しい情報を知りたいという方は是非チェックしてみてください。

catalog_DL