輸入住宅

RSSBLOG

輸入建材の【不便を解消】… サンタ通商だけの高性能玄関ドア

2016.09.06

Pocket

   木製でエレガントなデザインの輸入住宅の玄関ドアに憧れている方も多いのではないでしょうか? 一方、輸入玄関ドアを取付ける現場からは、色々な声が聞こえてきます。
  

   本日は、輸入玄関ドアに対する現場サイドで生じる不便に対し、私たちの[サーマースルー ジャパンモデル]がどのようにしてその◆不便を解消したか、についてお話しします。

  • 【不便その①】木製は腐るから心配
  • 【不便その②】現場で加工と組み立てが必要
  • 【不便その③】更なる追い討ち現場塗装
  • 【不便その④】硬くて大き過ぎるパッキン
  • 【不便その⑤】輸入玄関ドアの断熱性能はどうなってるの?

爆発アイコン【不便その①】木製は腐るから心配

  木製玄関ドアの採用を考える時、最初によぎるのはこれではないでしょうか?以前ブログでお話ししたように[リンク]、幾つかの対策はありますがその条件を満たすのは結構大変です。

  そんな時、私たちがご案内するのは、グラスファイバー製玄関ドア、サーマスルーです。ご存知の方も多いと思いますがこのドアはアメリカでは新築に加え、木製ドアからの交換、リモデルで費用対効果が高いドアとして知られています。

チェックボックスアイコン【解決策その①】腐らない、グラスファイバードアと樹脂枠

  グラスファイバーとは樹脂にガラス繊維を混合してつくられる素材のことで、高い耐候性で腐ることがなく、サーマスルードアは木と見間違うほどの出来映えです。

  現に、私たちサンタ通商のショールームには、木製とグラスファイバー製玄関ドアが並べて展示してあり、ご覧になっていただいたお客様の殆どはサーマスルードアを指名して帰って行かれます。

 

SR

 

Home_CCR8205_Solid-4 Home_CCA260XC-SDL_Chord-2 Home_CCM703_Longford_Blk-1 Home_CC76_Cambridge_Bra-1



爆発アイコン【不便その②】現場で加工と組み立てが必要

   国産の玄関ドアに慣れている大工さんにとって、現場で加工して組み立てる玄関ドアはちょっとあり得ないと思うかもしれません。

  昔は私たちもよく大工さんに怒られてました…アメリカではこれが普通ですが、日本ではなかなか受け入れてもらえません。

 チェックボックスアイコン【解決策その②】日本の自社工場でプレハング

  そんな中、私たちは千葉県野田市に自社工場を開設しました。その名は『価値創造研究所』、ここでサーマスルードアの加工とプレハング(吊り込み)を行い現場にお届けしています。


爆発アイコン【不便その③】更なる追い討ち現場塗装

  先ほどの現場加工と組み立てに加え、木製やグラスファイバー製ドアは塗装も必要です。アメリカでは好きな色を現場で塗ることが一般的ですが、日本ではなかなか受け入れてもらえません。

チェックボックスアイコン【解決策その③】日本の自社工場で塗装

   ここでも先ほどご案内した、『価値創造研究所』が活躍します。特にグラスファイバードアの塗装は専用塗料『SAME-DAY STAIN』を使い、塗り方も木製ドアとは異なります。

   価値創造研究所で塗装したサーマスルーはとても綺麗で本物の木のような仕上がりです。

 

 

FCO_CherryStain FCO_EnglishWalnutStain FCO_LightOakStain FCO_MahoganyStain FCO_NaturalOakStain FCO_WalnutStain

 


爆発アイコン  【不便その④】硬くて大き過ぎるパッキン

  アメリカではなぜか、ドアに使われているパッキンはどこも同じ、Q-Lonを使います。二十数年前の触れ込みはNASAで開発させたとかしなかったとか…  実際、日本の専門家に見てもらったら、意外と手の込んだ作りで、同じ物を作るのは難しいと言ってました。

  ただ、このQ-Lonはとにかく大きくて硬いため、玄関を閉めるとき、最後『ギュッ』と力強く押さないと閉まらないことがよくあります。

  そのため取っ手に負荷がかかり、取っ手の故障の原因となることもしばしばあります。

 チェックボックスアイコン【解決策その④】自社開発の専用パッキン

  サーマスルードアを日本で自社開発したパッキンに切り替えたことで、国産玄関ドアと同じように、力を入れなくても閉まるドアへと変身させました。

  これは輸入玄関ドアをよく使っていただいているビルダー様からすると驚くべき変化です。


爆発アイコン  【不便その⑤】輸入玄関ドアの断熱性能はどうなってるの?

  アメリカの玄関ドアは基本的に高断熱仕様です。ただし、現場で組み立てなくてはいけないことや、断熱性能を示す単位が日本とは異なるため今までは、係数をかけて単位をあわせてご案内していました。

チェックボックスアイコン 【解決策その⑤】日本で断熱性能試験を受けました。

  解決策②〜④で提示した仕様のドアをサンタ通商オリジナルサーマスルードアとして、ジャパンモデルと名付けました。

  このジャパンモデル仕様でベターリビング つくば建築試験センターにおいて断熱性能試験結果は下記の通りです。

        ガラスあり


◆Webショップでも取り扱いしております。

webshop

 


輸入建材カタログをご用意しました。

サッシやドア、モールディング、フローリング、キッチンなど、国産品では見つける事が出来ない
高性能で意匠性が高い輸入建材をご紹介しております。
より詳しい情報を知りたいという方は是非チェックしてみてください。

catalog_DL

Pocket