ステキな歳の重ね方 – Choice of Lifestyle –

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. です。

東京はもう梅雨入りしましたが、みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか?
日本の目くるめく変化するシーズンは、いろいろな自然の表情を私たちに届けてくれますね。

さて、今回の話題は、「人生の先輩から学ぶ、ステキな歳の重ね方」です。

この5月までの3年間、毎月一度、デイケアハウスに伺ってボランティアアロマハンドマッサージに参加して学ばせて頂いた人生哲学を、今日はみなさまとシェアしてみたいと思います。

 「掛け替えのないプライスレスなギフトとは・・・?」

よろしければお付き合いくださいね。
ultimate_double_hung_next_generation_2

*「家族の結びつき」という花言葉を持つ紫陽花を、コージーなニッチniche)に飾ってみませんか?
このインテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています。

 

アロマオイルを使って おひとり約10分ほど、ゆ~っくりとハンドマッサージをしているうちに、みなさんの心がゆるゆると啓いて、それぞれのストーリーを聴かせてくださいます。
そこで感じたいろいろな人生に対する視点を、ご紹介してみようと思います。

 

初めてお会いした Aさん(女性) は、開口一番 「私の汚い手なんかにかかわっていたら、勿体無い!やらなくていいから。」 っと、手を隠してしまいます。 そして施術の間中も、「汚い手」「黒い肌」「シミだらけ」「私の人生は不幸」そして、「息子はかわいいけど、娘はちっともかわいくない!」 っと。はいはい、そうなんですね。(私も娘なんですけど(笑))  なにもかも否定するAさん。

◆常連さんのBさん(女性) は、 「地方の農家に生まれ、東京にお嫁に来た時、方言をさんざんからかわれて、骨太だと、真っ黒だと、いろいろイジメられた。 」 毎回、過去の辛かった思い出話をなさいます。

◆Cさん(女性)は、「いつもホントにありがとう~♡」 「本当に気持ちがいいわ~」 「この歳になってこんなにしてもらえてありがたいねぇ。」 っと、ただ笑顔で言い続けているタイプ。

◆Dさん(女性)は、「あなたの手はホントにきれいね。それに比べて私はこんなにボロボロで血管が浮いてるでしょ。」 「あなたは肌がきれいでいいわね~。私なんかもうしわくちゃだしシミだらけだから!」っと、常に誰かと比べてご自分を責め続けるタイプ。

◆ Eさん(男性) は、海外でバリバリ活躍なさっていたころのキャリアと、女性にモテたお話を聞かせてくださいます。
男性は過去の武勇伝を話したい方か、もしくは怒りや悲しさを内在してちょっとプンプンしている方が多いように思います。ちょっとテレもあるのかもしれませんね・・・。

o0960054013891354098

 

私たちは生まれてから、もれなく一つずつ歳を重ねて、やがて80年90年と年輪を積み重ねていく上で、経験や感性の違いからモノを観る視点が様々で十人十色だし、それぞれのタイミングでシフトしていくのだなぁ~っと感じます。

Aさんのようにすべてを否定してしまう方たちは、思い通りにならない人生への不満や怒りが、自分自身を保つ根底になっているのではないでしょうか。

Bさんのように、過去の悲しかった出来事の中にずっと居続ける方たちは、過去のせいにすることで、今のご自分を受け取れないで否定しているほうが、実は楽なんじゃないかなぁっと感じます。

Cさんのように感謝に溢れている方たちは、本当に素敵な笑顔をしていらっしゃいます。 心身も緩んでいて、末端の手指まで、ほんのりあったかなんですね。そういう方たちは、きっと過去の辛い出来事もそのまま受け入れ、未来への不安もできる限り手放して、ただ、今ここにいらっしゃる方たちなのでしょう。 

Dさんのタイプは、常に他者との比較しながら生きて来た方たちなのですね。他者との比較や有形のものが価値観の物差しになっていると、出来る出来ない、若い若くない、美しい美しくない、お金などがあるない・・・・そんなふうにジャッジをしてしまいます。
私たちは十人十色なのだから、みんな違ってみんないいのですよね。

男性のEさんもですが、20世紀後半に、日本が高度成長を遂げるために思いっきりがんばってくださった方たちは、競争や比較を価値判断の基準にされているのだなぁっと思ったりします。

o0270048013948637492

 

 

 

 

 

 

今日私が書きたいと思ったのは、だれが正解とか不正解ではないし、ひところ流行った勝ち組負け組とかそんなことではない。

私たちが今、人生の先輩たちの生き方、あり方、モノの見方(すべてライフスタイルといえますね。)を垣間見せて頂けたことは

 

「では、あなたはどんな歳の重ね方をしたいですか?」

っと、問われているのだと感じるのです。

「もし、あなたが、今この時をただ感謝している、笑顔の生き方を選択したいのなら、もうそろそろ今のうちから、モノの見方をシフトしておいたほうがいいですよ~!」 っと、こっそり、がっつり教えてもらった気がしているのです。

3年も続けていたので、今まで過去に縛られて後悔や愚痴、自己否定のゾーンに居た方が、「わぁ気持ちいいわ。ホントに有難いわぁ!」っと、いつの間にか今この時を味わうゾーンになっていることに気付いたりします。
そんな変化を目の当たりにすると、私たち人間は、幾つになっても、シフトすることが出来るのだと、教えていただけてるようで、とてもとてもうれしくなるのです。

人生の先輩たちから頂いた「経験」というプレッシャスなギフトを、どう活用するかは私たち次第! せっかく頂いたギフトは、できるだけ早く、旬のうちに使った方がいいですよね(笑)
みなさんと一緒に、豊かな軽やかな人生へとライフシフトしていきたいと思います~。

18839066_1218711504905520_4117454730852756445_n

デイケアハウスに行く道すがらの紫陽花が、今年もきれいに咲いていました~♡

 

 

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

2017年06月14日 | Posted in Column, gallery, シーズン, ライフスタイル, | | Comments Closed 

関連記事