イベント

それぞれのハロウィンがあっていい – Happy Halloween!-

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

朝晩と日中の温度差が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

そして、そんなころにやってくるのがハロウィンです。

年を追うごとに仮装がエスカレートしていて、

実際、昨今のハロウィンはヴァレンタインの経済効果を大きく上回っているそうで、

日本の大きなイベント行事の一つに数えられるほどの盛り上りを見せているようです。

 

marvin_ultimate_casement_50

 

改めて伺いますが、みなさまはハロウィーンのこと、ご存知でしょうか?

そういわれてみれば、なんでおどろおどろしい仮装をするのか?

なぜカボチャをくりぬくのか? どうして、子供たちにお菓子を配るのか?

知らない方もいらっしゃるのでは?

第4話では、今ではとっても楽しいお祭りになったハロウィンのお話をしたいと思います♡

ぜひ楽しんでくださいね。

pumpkin-1679827__180

◆ いったいハロウィンとは?

一言で言うと、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りのこと。

起源は、古代ケルト人のライフスタイルからだそうです。 10月31日に夏が終わり、

翌日から冬が始まることから、その夜に死者の霊が家族を訪れると信じられていました。

日本で言うと大晦日とお盆が一緒になったって感じでしょうか・・・。

家族の霊と一緒にやってくる精霊や魔女がいて、それらから身を守るために仮面を被って、

魔除けに焚き火を焚いた名残が 仮装やランタンというイベントにつながって行ったのですね!
Stampa

31日の夜は、カボチャを (アメリカに渡る前はカボチャでなく、なんとカブだったとか!?)

くりぬいた「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を飾ったり、

仮装した子供たちがご近所を「トリック・オア・トリート(Trick or treat.

「お菓子をくれないと悪さをするよ」)っと言いながら廻るのですが、

これは、中世にお祭り用の食料をもらって歩いた、農民たちの姿のなごりなんだそうです。

カルチャーが変遷していくってとっても面白いですね。

子供たちが現れたら、「Happy Halloween!」っとお菓子をあげながら言い返せばいいのですけれど

ニューヨークに移り住んだ最初の年のハロウィンで、

突然のノックにドアを開けたら、仮装した子供たちが!!

このお作法をまったく知らなかった私はもうドギマギしちゃって・・・(;^_^A アセアセ・・・。

スマートな切り返しが全然できなかったことを今でもザンネンに思い出します(笑)

Multi-ethnic children dressed in Halloween costumes

 

イギリスから、アメリカに渡ったハロウィンは、宗教色が消えていって、

仮装やパレードを楽しむイベントになっているようです。

ニューヨークでは、5万人余りの人々が参加する

盛大なグリニッチヴィレッジ・ハロウィンパレードがすごい!

仮装していれば誰でも飛び入り参加ができちゃうので、

私もヴェニス風のマスカレードを着けて、想いもよらない見事な仮装で、大賞候補のツワモノたちに紛れて、

パレードの中を歩いたことがあって、それはそれは楽しい経験でした♪

 

21世紀に入ってから、日本のハロウィンは、ますますエネルギッシュに進化しているようです。

渋谷などの街を歩いていると、仮装している人のほうがノーマルなんじゃないかって、

そんな錯覚に陥るほど、毎年仮装人口が増殖しているみたい (笑)

こんな風に、たまには自分の想像性と創造性を思いっきり開放して表現することって、

私はとってもすてきだなっと思うんです♡

だからこそ、出来合いのコスチュームに頼るだけでなく、今ある何かに創意工夫を凝らして、

オリジナリティのあるスタイリングを楽しんでほしいなっと、そんな風に思ったりもしています。

 

インテリアにしてもそう💡

大々的に蜘蛛の巣やコウモリなどをデコレーションをするのもそれはそれで素敵なのだけれど、

例えば上の写真のようなベッドルームの窓辺に、

こんなパンプキンヘッドたちを並べてみるだけでも、

1414728129396

シンプルなドアリースに、ドクロのモールをクルクルっと巻き付けてみたりしても・・・。

ほんのちょっとした工夫で、ワクワクする季節感を演出できたりするのではないでしょうか。

ぜひ、あなたらしいハロウィンを愉しんでくださいね♪

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月17日 | Posted in Column, gallery, イベントNo Comments » 
1 2