愛を描くアーティスト @ミュシャ展 – Love for Slavic people –

ライフスタイリスト乃浬子Noriko K です。

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれてよかったですね!
みなさまは愉しい連休を過ごされましたか?

 

私は、今東京国立新美術館で開催している「ミュシャ展」に行ってきました。

アールヌーヴォー時代の寵児としてパリで一世風靡したミュシャが、晩年 祖国チェコに戻って描いた「スラヴ叙事詩」という作品群は、近年までほとんど秘されていたので、チェコ外への出展は今回日本がが初めてなのだそう!!

ホントにステキな作品展だったので、今日はその感動と感想をシェアしようと思います。

アルフォンス・ミュシャ(チェコ語では「ムハ」 1860-1939) 物語、ぜひお付き合いくださいね。

2017-2-2

 * 古き良きヨーロッパの教会のスタイルを取り入れた美しい窓。シンプルなステンドグラスをあしらって、クラッシックなインテリアにしてもステキ。 このインテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています。

 

 

私が初めて「ミュシャ」に出逢ったのは、学生の時に一年ほどロンドンに住んでいた頃のこと。 

キッチンとトイレが共同の 小さなフラット(アパートメント)をやっと見つけたのですが、ベッドとクローゼット以外は何もない、どこか殺風景なお部屋に、たまたま見つけたミュシャのエレガントなポスター「四季」 ↓↓↓ を飾ったら、お部屋がフワ~~ッと明るく華やいだことを覚えています。

pict09

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ミュシャは、世紀末のパリで、著名な女優さんから依頼された舞台のポスターを描いたことから一夜にして大ブレークして、一躍 人気を博したアールヌーヴォー屈指のアーティストとして広く知られていますね。

パリで20年近く 美しい女性と流麗な植物を一緒に描いた、華やかで洗練さ れたポスターや装飾パネルを次々に手掛け、人々を魅了し続けながらも、50歳で祖国チェコのボヘミアに戻り、晩年をチェコと自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を描き続けたのです。 

その中でも、約16年の歳月をかけて描いた渾身の作品群 『スラヴ叙事詩』 (1912-26年)は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大でスペクタクルな作品たち。

そんな素晴らしい作品が、近年までほとんど日の目を見ていなかったなんて すごい!
チェコ外への初出展というのも今回のミュシャ展の最大の見どころなのです。

 

「スラヴ叙事詩」の魅力は、何といっても圧巻の大きさですね! 6メートル×8メートルという巨大サイズのカンヴァスに描かれた20点の油彩画は今まで観たことがない迫力。
そして、私の大好きな表現しがたい色のシャワーがホントにすばらしい。

繊細な色たちのグラデーションで描かれた神や光、人物、風景、情景に、私たちの心はどんどん引き込まれて行くのです。

なんと、作品展の一角だけ、写真をとってもOKだったので、 わーい!みなさんとシェアしようっと、喜び勇んでパシャリとスマホに収めてまいりました。お愉しみくださ~い♪

 

◆ 聖アトス山
ギリシャのアトス山はスラヴ民族を教育や文化へと導いた。感謝と賛辞をこめた作品。
18199109_1185554744887863_5836504129458761646_n

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ イヴァンチツェの兄弟団学校
老若男女が、身分を超えて分け隔てなく学べる理想の場を描いた作品。
18198607_1185554811554523_1955174079298506768_n

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ スラヴ民族の賛歌
神話から長いスラヴの歴史において、スラヴ民族の勝利を描いた作品。
18198539_1185554604887877_4628489295726344166_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ スラヴ菩提樹の下で行われるオムラジナ会の誓い
スラヴ文化の再興を誓う人々を描いた作品。その後 彼らの民族主義に対して弾圧を受ける。
18222241_1185554728221198_2120006800521695050_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで壮大な絵巻物を観ているよう♡  
この作品たちの空気感の中に貫かれているのは、スラヴ民族へのミュシャの想いなんですね!!

ところが この作品たちを描き終わったころはもうアールデコの時代に移行しており、力強い直線的なデザインや、抽象画が主流になっていて、ミュシャの優しい色調や、テーマ性のある写実的画風はいわば時代遅れだと言われてしまいます。

そんな中勃発した、第二次世界大戦。ミュシャのスラヴ民族への賛歌は反ナチス思想だと、厳しい尋問を受けた後、体調を崩して祖国の解放を観ないまま78歳の生涯を閉じたそうです。

 

チェコに戻ってからのミュシャは、パリ時代に培ったエレガントなセンスとスラヴ民族への愛とを融合して、たくさんの作品を手掛けました。

その代表作は、私も以前プラハを旅した時に訪れて感動した、プラハ城聖ヴィート大聖堂のステンドグラスや、プラハ 市民会館「市長のホール」の内装  などが挙げられます。
fe940237ab4149a68800a9c6ae9aa9ab_l

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリで活躍していたとき、ミュシャはリトグラフ(石版画)にこだわって作品を創ったのだそう。

なぜって、版画なら、たくさんの人たちに彼の作品を気軽に楽しんでもらえるから。
以前この秘話を聴いたときとっても感動しました。

実際、何十年も後に、私自身がロンドンでミュシャのポスターと出会い、手軽にステキなインテリア空間をプロデュース出来たのですから、それってきっとミュシャからのギフトだったのですね。

 

そして、今回のミュシャ展で触れた、スラヴ民族への「無条件の愛」

一貫してミュシャの作品に脈々と流れているのは、人間の尊厳と、生きることへの賛歌だったに違いないと感じました。

18274757_1185554911554513_6349258082247278004_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アルフォンス・ミュシャ展 
乃木坂の国立新美術館にて 6月5日まで開催中。
お時間ある方はぜひ訪れてみてくださいね。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

2017年05月10日 | Posted in Art, Column, gallery, , Comments Closed 

美濃加茂で出会う伝統の新しさ ~その2- International ZEN –

こんにちは、ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

みなさまは 十分に桜の花を堪能されましたか~?

桜を愛でる心は日本の伝統文化といいますが、今年の春先の三寒四温は ゆったりと進んでくれたので、思いのほか贅沢なお花見期間を過ごせた方も多いのではないでしょうか。

桜が終わったころから、一気に暖かくなり、これからゴールデンウィークに向かっての清々しい気候が続きますね。

忙しい中、ふっとジャスミンの花の香りに足を止めるように・・・。

このコラムで一息入れていただけますと嬉しいです♪

 

さて、前回と今回、2回に渡って、岐阜県 美濃加茂で感じた「日本の伝統の新しさ」をテーマに書いています。

前回のテーマは世界に羽ばたく「日本酒」のすばらしさ。

われらが日本酒が、たくさんの国々の方たちに喜んでいただけるのは、日本人として本当にうれしい限りです。

そんな喜びを込めて、書いたブログがこちら。 ↓↓↓

美濃加茂で出会う伝統の新しさ~その1-The beauty of “Sake” –

 

 

そして、もう一つ、世界中の方たちが今、注目している 和 といえば、「禅の心」ですね。

ビジネス界でも「マインドフルネス」旋風を巻き起こし、国籍を問わず、人々のライフスタイルに定着しつつあるようです。

そこで、美濃加茂で出会う伝統の新しさ~後編は、「禅」について、お伝えしたいと思います。

ぜひお付き合いください。

2017-2-5

 * 円と角の枠を通して観える風景に人生を重ねる。 「悟りの窓」と「迷いの窓」を合わせ持ったデザインが、なんとも美しい!
このインテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています。

 

訪れたのは、かつて川上哲治監督や、星野仙一監督などの名監督も修業に訪れたという臨済宗妙心寺派 の「正眼寺」というお寺。

お寺のお名前が、道元禅師の 「正法眼蔵」 に近いことも、私にとって何かのご縁かもしれません。

dscn0898

 

これから修行の道に向かう人が通る、「道場」 の看板が覚悟を感じさせます。

dscn0907

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広々としていてとても清々しい境内で、まずは手水鉢(ちょうずばち)でお清めをしましょう。

dscn0909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内にある、有名な「正眼寺の松」

ここ正眼寺の山川老師は、このメタセコイアの化石の割れ目から自然に生えてきた松に、 現成受用」 ・・・おかれた場所で全身全霊で命を全うするという姿勢を見出し、生きる術を説いて下さっています。

20121101171116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここで、今回 私たちを出迎えて下さったのは、なんと、海外(たぶん欧米) から修行にいらしている僧侶の方でした!
流暢な日本語を駆使して、修行道場のいわゆる入門試験、「庭詰(にわづめ)」と「旦過詰(たんかづめ)」を熱演してくださいました。

 

 

修行をする意を決して、このお寺に到着したら、まずは玄関で頭を平に下げて、

「たのーみーまーしょーう!」と、とてつもなく大きな声で頼み込みます!

 

何度も何度も一生懸命叫んでいると

「どーーーーれーーーー?」と応答する人が中から出てきてくれます。

が!

「すでに修行道場は満員だから他の道場へ行ってください。」っと そっけなく断られるのです。

でも、そこからが肝心! 

腰を捻ったスタイルで玄関に頭を平伏し、お手洗いと昼食を頂く間以外は、朝から夕方まで、ひたすら我慢でじ~っと動かず座り続けるです。

その間、「帰れ!」っとばかり、外に引きずり出されることも。(どうやらこれは、体を動かしてあげるための思いやりなのだそうですが・・・^^;)

 

そして、夕方になると、一旦客人として夕食にも招かれ、泊まらせてもらえますが、翌日はまた「どうか他の道場へ行ってください」と断られながら同じように座り込み! お寺によって違うけれど、これが数日の間続くのだそうです。 大変そうですね^^

dscn0913

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたく この「庭詰」にパスしたら、次は第二次試験とも言うべく「旦過詰」と言って、庭詰で寝泊まりしていた旦過寮という寮舎で、トイレと食事以外の時間、延々と坐禅を続けます。

だいたい一週間ほどだとか!! どちらも決まり事だと分かっていても、体力的精神的に、かなりきつそうですね。

で、この「旦過詰」に もパスした暁に、めでたく入門を許され名前を頂き、作務(お掃除)や庫裏でのお食事の支度、坐禅、読経という、修行僧のライフスタイルの仲間入りということになるのです。

 

精進料理を作る、庫裏(くり)。 ↓↓↓ 

dscn0915

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庫裏の天井の梁が見事です! ↓↓↓

dscn0917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無になるための坐禅」 と、「時を大切にする作務」 のバランスが修行の生活の在り方だとおっしゃっていました。

dscn0919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話を伺った、異国からの修行僧の方も、このお寺の流儀に則って入門なさったのですよね。

自分は修行の身なので、写真や取材はNGだと。

私たち凡人が、喉まで出かかっていた質問は、

「どちらの国からいらしているのですか?」

「庭詰め、旦過詰め は、大変ではなかったですか?」

「どうして、禅を極めようと思われるのでしょう?」

「何年ここで修行をなさっているのですか?」 

などなど、もうね、伺いたくて伺いたくて、その質問が究極の煩悩だと知りながら・・・(汗)

修業とは、過去も未来もなく、今にいるためのものですものね。

 

丁寧にお礼を申し上げて、お寺を失礼したのですが・・・・。

ず~~~っと、松の陰から、私たちを見送ってくださっているお姿を、そっと望遠で撮影!

dscn0921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はいっ執着心です! ごめんなさい💦」 っと、心の中で手を合わせておりました^^

袈裟が似合っていてとっても素敵な方でしたよ~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡ コホン。煩悩!

 

dscn0922

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜けるような青空の元、敷地内に併設された正眼短期大学へ向かいます。

全国で最も人数が少ない短期大学なのだそうですが、多くの社会人が生涯教育の門戸を叩いているそう。

dscn0924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美濃加茂市のふるさと納税にもなっているこちらの短大の坐禅堂で、いよいよ座禅を体験させていただきます!!

dscn0928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採光たっぷり!明るくて開放的な図書館!!

201607061158158095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、全寮制なので、禅スタイルの食事のお作法など、寮生活を垣間見ることも。

dscn0932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶室で、お抹茶を点てて頂きました。
桜の練り菓子も、手作りのお茶碗の「彩」と「〇」 も、おもてなしの心!

dscn0935

dscn0938

 

 

 

 

 

 

dscn0941

dscn0943

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ坐禅堂へ。

dscn0948

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教わって、座ってみる。 無になることにこだわるより、ただ呼吸に集中するといいですよ~!

17098464_1129385540504784_8207609448081114210_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠気や煩悩を払うため、「警策」という棒で、バシッと打って頂く。

こんな感じです。 ↓↓↓

17103275_1128686923907979_3764565596926388665_n

 

 

 

 

 

 

 

 

私も、お願いして、バシッと!  肩甲骨を開いて、背を丸めるのがコツ!
とても清々しい気持ちになりますよ。

17103286_1129385660504772_4825598451739085254_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坐禅の指導をしてくださった、風神講師。 なんと、フランスからいらした尼僧さまです。

座戦姿が凛としてなんとも美しい~~♡

dscn0951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警策を打つ姿は厳しいけれど、観音様みたいに優しい笑顔にうっとり。

18011170_1172499569526714_1272178512636723106_n

17951755_1172499609526710_647788673239047544_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風神さまは 今、禅を世界に広めるべく、ニューヨークやパリなどで、説法活動をなさっているそうです。

こういう方たちのご尽力で禅マインドが世界に広がっていくのですね~。 本当に有難いこと♡

奇しくも、お寺と短大の両方に伺って、海外のお坊さまたちに会うことができて、ますます「禅」のインターナショナルな広がりを感じることができました。

 

美濃加茂市は、海外から日本に来た方が住んでいる割合が、他県に比べ とても高い地域だそうです。

今回訪れてみて、日本の伝統を大切にしながら、現代に上手く取り入れるための創意工夫をすることで、「古今折衷」、「和洋折衷」

を愉しむ、「新しいライフスタイル」が生まれる のだということを学ばせていただきました。

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

 

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

2017年04月24日 | Posted in Column, gallery, ライフスタイル, , , Comments Closed 

美濃加茂で出会う伝統の新しさ~その1-The beauty of “Sake” –

こんにちは、ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

 

先日、春浅き 岐阜県美濃加茂市に、「故きを温ね新しきを知る旅」に行ってまいりました。

たくさんの素敵なご縁と、色々な発見や気づきを頂いたので、今回と次回は、日本のほぼ真ん中、本州のおへそ辺りに位置する  チャーミングな都市、美濃加茂で出会った、故き好き(ふるきよき)日本の素晴らしさと、新しい発想で未来へと活かしながら生きる人々についてお話したいと思います。

ぜひお楽しみくださいー。

marvin_ultimate_casement_3

 * 和洋が美しく折衷  調和を奏でるお食事は、こんなダイニングルームで!
インテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています。

 

 

さて、「美濃加茂」って、いったいどの辺りなのか、みなさまはご存知でしょうか? 

名古屋から電車で約一時間ほどの、木曽川と飛騨川の合流点にある美濃加茂市は、歌川広重が描いた浮世絵「木曽街道六十九次」の「太田」に描かれた中山道 51番目の宿場「太田宿」として、江戸時代に交通・文化の交流が生まれ栄えた町。

今も残る当時の街並みからも、活気に溢れた歴史を感じとることが出来ます。

kaikan_02

今も交通の要所というポジションは引き継がれて、多くの人が訪れます。

外国の方々が移り住む割合も、とっても高いのだそうですよ。

17098487_1128688320574506_7932342013265661226_n

 

千年もの歴史がある、甘くておいしい「堂上蜂谷柿」が有名。 そしてその柿の皮を食べて育った、甘くて蕩けるようなブランドポーク「はちや豚」は、ぜひ試してみたい。さらに新鮮なフルーツや野菜やお米など、美味しい食材に溢れているのも美濃加茂の魅力です。

 

 

そこで今回は、美濃加茂発、ニューヨークやロンドンなど海外で大ブレークしている、「日本酒」の話題をお届けしたいと思います。

お話を伺いに訪れたのは、創業 明治26年 ( 1893年 ) の、御代櫻醸造株式会社
1893年というと、ヨーロッパでアールヌーヴォーが花開きだしたころ、日本では文明開化が定着したころの時代背景ですね。

 

美濃加茂市の若き藤井浩人市長♡ と、エネルギッシュな六代目蔵元 渡辺博榮社長♡

dscn0787

 

明治大正昭和、そして平成と、日本の近代化と共に時を紡いできた老舗 酒蔵の歴史を大切にしながら、世界へとチャレンジなさっている姿勢が素敵です!! 
日本酒の今昔ストーリーを、本当に解り易く、愉しく お話しして頂きました。

17498771_1146478702128801_4898132136436826787_n

 

酒蔵の中を案内して頂いて、酒創りの行程をじっくりと拝見。

dscn0798

お米にこだわり、水にこだわり、環境にこだわり、そして、創る人にこだわる姿勢がヒシヒシと伝わってきます。

dscn0804

麹が発酵している フツフツとした呟きが、なんとも愛おしいですね。

dscn0811

 

こんなに愛情をたっぷり注いだ、プロセスを経て、美味しいお酒が生まれるんですね。

17492395_1146481342128537_2950626302011120699_o

 

待望の試飲タイム~!! 厳選された6種類の銘柄を、飲み比べさせて頂きました。

う~~~ん! 何れも甲乙つけがたい すっきりと洗練された喉越して美味しい! 
和の品格を感じる日本酒です。

17103290_1128688287241176_24981162616530744_ndscn0822

中でも私のお気に入りは、ワインを発酵させるプロセスで2012年に誕生した「津島屋」♡

「自由な発想で自分たちも楽しみながら、日本酒の枠を世界に拡げていきたい!」っと言う想いを込めて創られた、エクスペリメンタルな日本酒なのだそうです。
このテイストは、ワイン好きな私には、もうたまりません!! ぜったいに覚えておきたい 大好きな日本酒の銘柄になりました。

海外の方に喜ばれるのも納得ですね~!

 

和食はもちろんのこと、この日本酒なら様々なな国籍のお料理との相性も抜群なんじゃないかしら~~っということで、その夜は、オシャレな居酒屋さん「IKKI」で、創作イタリアンと日本酒のマリアージュを頂くことに。

dscn0858

ここでも、美濃加茂の若き柔軟なエネルギーが存分に活かされてる~♪

地元のお野菜や、フルーツをふんだんに使って、創意工夫満載の山田一洋シェフによるアイディアメニューを堪能させていただきました。

 

dscn086717021458_1128687680574570_477016008906510534_n

 

日本酒がおいしく頂けるように考え抜かれた、和を感じるイタリアンディッシュが目白押し♡

dscn0863

 

 

まずは、ちょっと弾力のあるゴマ豆腐みたいな食感がたまらない、自家製お豆腐のフレッシュサラダ!

dscn0885

ぷりっぷり桜鯛のカルパッチョには、地元ヤマキ農園さんのドライオレンジで作ったフルーティな絶品ソースがた~っぷりと。

17098472_1128687883907883_5594711049202319420_n

芝エビのアヒージョに添えられていたスペシャルバゲットが、お代わりしたくなある美味しさです。

17021863_1128687700574568_926919341929076805_n

ホタルイカと相性のいい、ふっくら肉厚の椎茸がゴロゴロ入ったパスタ。

16999134_1128687643907907_8137987184450196767_n

オリーブがたっぷりのアクアパッツアの謎の塊は、なんと里芋! 
トロリンッっとした食感がたまりません。

dscn0893

ひらめいた!っと、アクアパッツアのスープを使って急遽 創ってくださったパスタ! こちらも日本酒にぴったり!

17022301_1128687347241270_6721628217218316970_n

蜂谷柿の皮を食べて育った「はちや豚」の赤ワイン煮は、もう口の中で とろ~~っと蕩けます。

16995956_1128687390574599_8606682852227243551_n

 

御代櫻の渡辺社長も駆けつけて下さって、大賑わいな愉しいディナーになりました。

16939270_1128687480574590_2568983637406270845_n

心と身体が喜ぶお料理とお酒を堪能! ごちそうさまでした♡

 

 

 

私が住んでいたニューヨークでも、ますます和食がブレイクするに連れて、日本酒の人気は鰻登りなのだそう。

もはやJapanese rice wine なんて呼ぶ人も少なくなって、「SAKE」 で通じるのですから、完全に市民権を得ていますね。

なんと、このパンダワンカップを片手にマンハッタンを歩くのが、ニューヨーカーの間でひそかなブームなんだとか!?

笹を食べるパンダがかわいい! 

ちょっと東洋的なイメージってことなんでしょうか~。

dscn1095

黒切子みたいに素敵なワイングラスで日本酒を頂きながら、色々な国のお料理に舌鼓を打つっていうのもオシャレですけれど、たまにはこのパンダワンカップ片手に歩きながら、ホットドッグを頬ばるのも、ニューヨーカーの開放的なライフスタイルを垣間見ることが出来そうです(笑)

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子 Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

 

 

 

 

2017年04月05日 | Posted in Column, gallery, ライフスタイル, , , Comments Closed 

アートに溢れたライフスタイルを –Be a Life Artist ♡ –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

あっという間に11月・・・・ 秋がどんどん深まってまいりました。 

そろそろ、紅葉だよりも聞こえてきそうですね。

みなさまは秋といえば、何を思い浮かべるでしょうか。 

個人的には食欲の秋も捨てがたいのですけれど(笑)

11月3日が文化の日でしたし、今日は「芸術の秋」~アート について書いてみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいね。

victoriansunroom

「アート」をテーマに、なんて言っちゃいましたが、

いったいアートって何でしょうか? 美術館にある作品のこと? 

ちょっと漠然としていませんか?

私たちが普段「アート」というのは、広いアートの世界の中でも、ファインアートを示唆していて

アーティストの感性によって想像され、表現され、創造されたもの

「アート」というようです。

 

では、アーティストとは、どんな人たちなの?

一般社会に受け入れられるかどうかという、

世間に迎合することなく、自分自身を表現する人のこと。

理解されたり褒められたりする必要はないってことなのですね。

例えば、他の人がそんなところはどうでもいいじゃない?っと思うことを、どうしても譲れない人

そんなこだわりを持って制作している人のことをアーテイストと呼べそうです。

言い換えれば、損得勘定だったり、世間への受け狙いでは、アートは生まれないということ。

結果的に、どなたかに喜んでもらって、その喜びの対価を頂くことはとてもステキなことですが

どうやらそれが目的ではなさそうです。

 

 

 

ちょっと、違う観点から、アートを観てみましょう。

最近は、瀬戸内海が、アートの島と化していて、

「瀬戸内芸術祭」が行われているのをご存知でしょうか?

先日、たまたま仕事で高松~小豆島に行って、この芸術祭の一端を垣間見ることができました。

 

 

高松港にそびえる2本のタワー 「Liminal Air -core-」 

船や海との対話が観えるようですね。

 

p1070338

 

 

小豆島の棚田のなかにポッコリとたたずむ 「オリーブの夢」 という作品。

竹を組んで構築した内部がステキです♪

p1070531

 

そのほか、瀬戸内海の島々や、沿岸の街と、アーティストたちがコラボレーションをして、

すばらしい活性化を果たしている、一大イベントに成長しているようです。

 

ちなみに、小豆島のホテルの、「From Windows」 は、こんな感じでした♡

15002365_1019815568128449_4894773977300405907_o

 

 

さてさて、徒然なるままに、「アート」について書いてみましたが、 

アートというのは、あくまでも 主体的に、自発的に、自己表現のための作品を制作してしまったら、

あとは観る人々の感性に委ねる。 まさに、

Beauty is in the eye of the beholder. 「美は見る人の目のなかにあり。」 
美には基準や正解があるわけではなく、あくまでも見る人の心が美しいと感じとれば、
そこに「美」は存在しているという意味ですね。

 

ここまで書いてみて、ふっと気づいたのですが、アートというのは、作品そのものより、

その作品に込めたアーティストたちの想い、

彼らの生き方や在り方が表現されたカタチと言えるのではないでしょうか。

 

そして、瀬戸内海芸術祭 を観て思ったのは、アートとは独りよがりの産物ではなくく、

自然や、ヒト、場所、とのコラボレーションで生み出されるのだということでした。

 

そう、アートとは、生き方そのものかもしれない! 

私たちも、媚びずに迎合せずに「自分の人生」という壮大な作品の、

最高のアーティストであり続けたいですね。

 

 

トップの写真のようなステキなBay window (出窓) に、イーゼルを立てて、

窓から外を眺めながら、客観的にイメージした「自分の人生の絵」を、

真っ白な「ライフスタイル」というキャンバスに思いっきり描いてみたいなっと・・・

深まる秋の日に、そんなことをふっと思いました。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年11月06日 | Posted in Art, Column, gallery, No Comments »