Art

愛を描くアーティスト @ミュシャ展 – Love for Slavic people –

ライフスタイリスト乃浬子Noriko K です。

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれてよかったですね!
みなさまは愉しい連休を過ごされましたか?

 

私は、今東京国立新美術館で開催している「ミュシャ展」に行ってきました。

アールヌーヴォー時代の寵児としてパリで一世風靡したミュシャが、晩年 祖国チェコに戻って描いた「スラヴ叙事詩」という作品群は、近年までほとんど秘されていたので、チェコ外への出展は今回日本がが初めてなのだそう!!

ホントにステキな作品展だったので、今日はその感動と感想をシェアしようと思います。

アルフォンス・ミュシャ(チェコ語では「ムハ」 1860-1939) 物語、ぜひお付き合いくださいね。

2017-2-2

 * 古き良きヨーロッパの教会のスタイルを取り入れた美しい窓。シンプルなステンドグラスをあしらって、クラッシックなインテリアにしてもステキ。 このインテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています。

 

 

私が初めて「ミュシャ」に出逢ったのは、学生の時に一年ほどロンドンに住んでいた頃のこと。 

キッチンとトイレが共同の 小さなフラット(アパートメント)をやっと見つけたのですが、ベッドとクローゼット以外は何もない、どこか殺風景なお部屋に、たまたま見つけたミュシャのエレガントなポスター「四季」 ↓↓↓ を飾ったら、お部屋がフワ~~ッと明るく華やいだことを覚えています。

pict09

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ミュシャは、世紀末のパリで、著名な女優さんから依頼された舞台のポスターを描いたことから一夜にして大ブレークして、一躍 人気を博したアールヌーヴォー屈指のアーティストとして広く知られていますね。

パリで20年近く 美しい女性と流麗な植物を一緒に描いた、華やかで洗練さ れたポスターや装飾パネルを次々に手掛け、人々を魅了し続けながらも、50歳で祖国チェコのボヘミアに戻り、晩年をチェコと自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を描き続けたのです。 

その中でも、約16年の歳月をかけて描いた渾身の作品群 『スラヴ叙事詩』 (1912-26年)は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大でスペクタクルな作品たち。

そんな素晴らしい作品が、近年までほとんど日の目を見ていなかったなんて すごい!
チェコ外への初出展というのも今回のミュシャ展の最大の見どころなのです。

 

「スラヴ叙事詩」の魅力は、何といっても圧巻の大きさですね! 6メートル×8メートルという巨大サイズのカンヴァスに描かれた20点の油彩画は今まで観たことがない迫力。
そして、私の大好きな表現しがたい色のシャワーがホントにすばらしい。

繊細な色たちのグラデーションで描かれた神や光、人物、風景、情景に、私たちの心はどんどん引き込まれて行くのです。

なんと、作品展の一角だけ、写真をとってもOKだったので、 わーい!みなさんとシェアしようっと、喜び勇んでパシャリとスマホに収めてまいりました。お愉しみくださ~い♪

 

◆ 聖アトス山
ギリシャのアトス山はスラヴ民族を教育や文化へと導いた。感謝と賛辞をこめた作品。
18199109_1185554744887863_5836504129458761646_n

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ イヴァンチツェの兄弟団学校
老若男女が、身分を超えて分け隔てなく学べる理想の場を描いた作品。
18198607_1185554811554523_1955174079298506768_n

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ スラヴ民族の賛歌
神話から長いスラヴの歴史において、スラヴ民族の勝利を描いた作品。
18198539_1185554604887877_4628489295726344166_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ スラヴ菩提樹の下で行われるオムラジナ会の誓い
スラヴ文化の再興を誓う人々を描いた作品。その後 彼らの民族主義に対して弾圧を受ける。
18222241_1185554728221198_2120006800521695050_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで壮大な絵巻物を観ているよう♡  
この作品たちの空気感の中に貫かれているのは、スラヴ民族へのミュシャの想いなんですね!!

ところが この作品たちを描き終わったころはもうアールデコの時代に移行しており、力強い直線的なデザインや、抽象画が主流になっていて、ミュシャの優しい色調や、テーマ性のある写実的画風はいわば時代遅れだと言われてしまいます。

そんな中勃発した、第二次世界大戦。ミュシャのスラヴ民族への賛歌は反ナチス思想だと、厳しい尋問を受けた後、体調を崩して祖国の解放を観ないまま78歳の生涯を閉じたそうです。

 

チェコに戻ってからのミュシャは、パリ時代に培ったエレガントなセンスとスラヴ民族への愛とを融合して、たくさんの作品を手掛けました。

その代表作は、私も以前プラハを旅した時に訪れて感動した、プラハ城聖ヴィート大聖堂のステンドグラスや、プラハ 市民会館「市長のホール」の内装  などが挙げられます。
fe940237ab4149a68800a9c6ae9aa9ab_l

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリで活躍していたとき、ミュシャはリトグラフ(石版画)にこだわって作品を創ったのだそう。

なぜって、版画なら、たくさんの人たちに彼の作品を気軽に楽しんでもらえるから。
以前この秘話を聴いたときとっても感動しました。

実際、何十年も後に、私自身がロンドンでミュシャのポスターと出会い、手軽にステキなインテリア空間をプロデュース出来たのですから、それってきっとミュシャからのギフトだったのですね。

 

そして、今回のミュシャ展で触れた、スラヴ民族への「無条件の愛」

一貫してミュシャの作品に脈々と流れているのは、人間の尊厳と、生きることへの賛歌だったに違いないと感じました。

18274757_1185554911554513_6349258082247278004_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アルフォンス・ミュシャ展 
乃木坂の国立新美術館にて 6月5日まで開催中。
お時間ある方はぜひ訪れてみてくださいね。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

2017年05月10日 | Posted in Art, Column, gallery, , Comments Closed 

おひとりさまオペラのススメ – Make use of your experience –

こんにちは、ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

沈丁花が香る3月半ば・・・

このところ三寒四温の日々ですが、みなさまいかがお過ごしですか?

 

さて、みなさまは、オペラはお好きでしょうか?
国によって異なりますが、欧米のオペラシーズンは秋深まる頃始まって、春が終わるころまでとされています。

日本の新国立劇場でも、9月から6月までの間に数演目上演されていますね。

そう、今まさにオペラのシーズン! 

そこで、今日は私が大好きな オペラへのいざないをお話をしてみようと思います。

ぜひお付き合いくださいね。

 

2017-2-4

                            * クラッシックでオペラ風なインテリアのWindow には、米国MARVIN 社の木製サッシを使用しています

 

とつぜんですが、「オペラ」と聞いて、あなたはどんな印象を持たれるでしょうか?

わ~~大好き!っという方もいらっしゃると思いますが、大方のみなさんは

・ちょっと敷居が高い・・・とか

・チケット髙いんでしょうね~~とか、

・声張り上げて歌ってますね(笑)

・・・みたいな印象を持たれているのではないかしら?

 

私は、1990年代にニューヨークに住んでいたときに、友人がオペラ好きだったこともあって、

「メトロポリタンオペラ」(中央)や「NYシティオペラ」(左側)などにずいぶん通っていました。

jdi_574262be31161

 

とにかく面白くて面白くて、シーズン中は週一くらいのペースで通っていましたから、ハイプライスの席にはめったに座れません。

普段は舞台からいちばん遠いバルコニー席($15くらい)とか、

$10くらいで立ち見も よくしていました。(立ち見にはオペラ通が多いらしいです。)

ny2014-metropolitan-opera-44-of-54-e1399301279634

私は評論家ではないので、クリティックしながら観るのはあまり好きではありません。

ただただ愉しいなぁ、きれいだなぁっと、ぼ~~っと素晴らしい舞台に魅入っていました。

そんなことで、ニューヨークのオペラ経験は、帰国後はすっかり封印されていたのですが・・・・

数年前のある日のこと、「最近、クラッシックとかオペラとか、伝統や文化的な事に興味が出てきたのすが、『何処で見ることが出来るのか?』『幾らくらいのお金がかかるのか?』 こういったことを誰に聞いたらいいのかどこで調べたらいいのか全然わからないので教て下さい!」

というお話を頂いて、それなら私の気まぐれなオペラ体験がお役に立てるかも!?ということで、奇想天外なアイディアで出来上がったのが、「おひとりさまオペラ」という、一冊でした。

ご要望に応えて、どこで観れるのか?チケットはいくら?ドレスコードは? 観る前の予習は必要?・・・・などなど、私の経験をめいっぱい駆使しながら、オペラにちょっと興味を持ってくださった方の 敷居が高いオペラへのハードルを、ググッと下げること、明日からでも即 使える、読みやすく解り易いガイドブックにすることが私のテーマだったのです。

 

日本ではここ、初台の新国立劇場が、オペラのメッカです。

img_9175

 

私たちにとって、自分の得意なコトや、夢中になってること、自分の生きてきた経験は、自分の中ではあまりにも当たり前なので、それがみなさんのお役に立ったり、喜んで頂けたりして、活かすことが出来るんだってことに うっかり気づかないで暮らしていますよね。

実際私も、それまで「オペラが好き」って言うと、なんだかちょっとスノッブな人って思われるかも?っと、あまりオープンにしていませんでした(笑)

そんなふうだったので、まさか自分の心の引き出しに仕舞い込んでいた過去の経験が、どなたかのモチベーションになったり、誰かが実際に行動を起こすためのきっかけになれたり!!なんてことは、思いもよらなかったのです。

そう、誰だって今までやってきたことに1㍉も無駄はなく、必然的な流れで繋がっていて、いつかは自ずと活かされる時が来る。

過去に自分がしてきた経験を、丸ごと他の誰かの未来の喜びや成長のために活かすことが出来るんだと知ったとき、私たち自身の人生(ライフスタイル)も、きらきらと耀きだすのかもしれませんね。

心の断捨離を続けながら、誰かに活かせるかもしれないプレッシャスな私の経験を、これからも探求していきたいなっと思います!

 

最後に耳より情報!
ニューヨークのメトロポリタンオペラは、 「メト オペラ ライブ ビューイング」 と題した動画プログラムを世界中に配信してくれています。

ニューヨークの選りすぐりの臨場感あふれる旬なパフォーマンスを、ほぼリアルタイムで観れること、出演中の主役演者さんたちの バックステージ生インタビューが聴けたり、幕間のステージ変えのシーンの裏方さんたちの仕事ぶりなども垣間見れるすごい特典がついている・・・などなど、もしかすると実際の劇場で観るよりもお得かも!?っと思うくらい充実していて、これはもうほんとにおススメです!!
ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ため息が出るようなスワロフスキーのシャンデリアもぜひお見逃しなく~♡

index

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子 Noriko K. でした。

 

noriko-k0606top 

2017年03月13日 | Posted in Art, Column, gallery, , シーズンComments Closed 

アートに溢れたライフスタイルを –Be a Life Artist ♡ –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

あっという間に11月・・・・ 秋がどんどん深まってまいりました。 

そろそろ、紅葉だよりも聞こえてきそうですね。

みなさまは秋といえば、何を思い浮かべるでしょうか。 

個人的には食欲の秋も捨てがたいのですけれど(笑)

11月3日が文化の日でしたし、今日は「芸術の秋」~アート について書いてみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいね。

victoriansunroom

「アート」をテーマに、なんて言っちゃいましたが、

いったいアートって何でしょうか? 美術館にある作品のこと? 

ちょっと漠然としていませんか?

私たちが普段「アート」というのは、広いアートの世界の中でも、ファインアートを示唆していて

アーティストの感性によって想像され、表現され、創造されたもの

「アート」というようです。

 

では、アーティストとは、どんな人たちなの?

一般社会に受け入れられるかどうかという、

世間に迎合することなく、自分自身を表現する人のこと。

理解されたり褒められたりする必要はないってことなのですね。

例えば、他の人がそんなところはどうでもいいじゃない?っと思うことを、どうしても譲れない人

そんなこだわりを持って制作している人のことをアーテイストと呼べそうです。

言い換えれば、損得勘定だったり、世間への受け狙いでは、アートは生まれないということ。

結果的に、どなたかに喜んでもらって、その喜びの対価を頂くことはとてもステキなことですが

どうやらそれが目的ではなさそうです。

 

 

 

ちょっと、違う観点から、アートを観てみましょう。

最近は、瀬戸内海が、アートの島と化していて、

「瀬戸内芸術祭」が行われているのをご存知でしょうか?

先日、たまたま仕事で高松~小豆島に行って、この芸術祭の一端を垣間見ることができました。

 

 

高松港にそびえる2本のタワー 「Liminal Air -core-」 

船や海との対話が観えるようですね。

 

p1070338

 

 

小豆島の棚田のなかにポッコリとたたずむ 「オリーブの夢」 という作品。

竹を組んで構築した内部がステキです♪

p1070531

 

そのほか、瀬戸内海の島々や、沿岸の街と、アーティストたちがコラボレーションをして、

すばらしい活性化を果たしている、一大イベントに成長しているようです。

 

ちなみに、小豆島のホテルの、「From Windows」 は、こんな感じでした♡

15002365_1019815568128449_4894773977300405907_o

 

 

さてさて、徒然なるままに、「アート」について書いてみましたが、 

アートというのは、あくまでも 主体的に、自発的に、自己表現のための作品を制作してしまったら、

あとは観る人々の感性に委ねる。 まさに、

Beauty is in the eye of the beholder. 「美は見る人の目のなかにあり。」 
美には基準や正解があるわけではなく、あくまでも見る人の心が美しいと感じとれば、
そこに「美」は存在しているという意味ですね。

 

ここまで書いてみて、ふっと気づいたのですが、アートというのは、作品そのものより、

その作品に込めたアーティストたちの想い、

彼らの生き方や在り方が表現されたカタチと言えるのではないでしょうか。

 

そして、瀬戸内海芸術祭 を観て思ったのは、アートとは独りよがりの産物ではなくく、

自然や、ヒト、場所、とのコラボレーションで生み出されるのだということでした。

 

そう、アートとは、生き方そのものかもしれない! 

私たちも、媚びずに迎合せずに「自分の人生」という壮大な作品の、

最高のアーティストであり続けたいですね。

 

 

トップの写真のようなステキなBay window (出窓) に、イーゼルを立てて、

窓から外を眺めながら、客観的にイメージした「自分の人生の絵」を、

真っ白な「ライフスタイル」というキャンバスに思いっきり描いてみたいなっと・・・

深まる秋の日に、そんなことをふっと思いました。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年11月06日 | Posted in Art, Column, gallery, No Comments » 

「眺めのいい部屋」– A room with a view –

初めまして!

今日から、「窓のあるライフスタイル」をみなさまとシェアしてまいります
ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. と申します。

ライフスタイルのHAPPYな暮らし方や、日常のちょっとした気づきなどを
みなさまとご一緒に愉しんでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

bb-urc-csmt-open

 

さて、「From Windows」第一話は、「窓」からの連想ゲームを・・・。

みなさまは、「窓」という言葉から、何をイメージされるでしょうか?

「景色」「家族」「広がり」「季節」「暖かさ」「空」「素敵なライフスタイル」などかしら?

 

私は今、ふっと「眺めのいい部屋」という映画のタイトルの、この言葉が浮かびました。

ずいぶんと昔に観たこの映画の題名が なぜかとても心に残っていて大好きなのですが、

きっとそれは、オープニングに流れていたプッチーニのオペラ

「ジャンニスキッキ」の中の ” O-mio-babbino-caro” 「私のお父さん」という曲とともに、

今も美しい映像の余韻が残っているからなのかもしれません。

51ul04vlajl-_sy450_

1907年、まさにアールヌーヴォー全盛期の、フィレンツェとイギリスを舞台にした

英米合作のこの映画は、イギリスのハイソサエティのノーブルなライフスタイルを、

上流階級が喋る英語のトーンから、衣装やセット小道具の細部にまで、

ただ型式をなぞるだけでなく、時代の色調や空気感に至るまで精密に描写されていて、

アカデミー賞8部門でノミネートされ、脚色賞、衣装賞、美術賞の3部門を受賞しています。

 

ところが、この映画のジェームス・アイヴォリー監督は、アメリカ西海岸のお生まれだそう!

そういえば、のちの名作”The Remains of the Day”

(「日の名残り」Kazuo Ishiguro 原作) にしても、

彼の描く英国スタイルはとても甘美で、それはきっとアメリカ人ならではの

歴史あるヨーロッパ、とりわけ英国の伝統美へのあこがれと、

客観的な視点からのオマージュが綴られているからなのかなっと感じます。

例えば、この映画の主人公、ルーシーとジョージという身分違いの若い恋の行方を、

監督はまるで「窓」の外から見守っているような・・・そんなちょっとクールな優しさを

感じるのは私だけではないのではないでしょうか。

roomwithaviewbr__article-hero-1130x430

 

先に書いた、プッチーニの名曲のほかにも、オペラやクラッシックの美しい曲たちが、

映画の随所にちりばめられていて、情景に彩を添えています。

なんだか上質なクラッシック文学を、映像から読んでいるような気分がしますね。

 

「眺めのいい部屋」のテーマは、『心を解放して自分らしく自由に生きていくこと。』

これは100余年前、階級の縛りの強かったイギリスでは さぞ大変な選択だったことでしょう。

でも、現代を生きる私たちにとっても、やはりこれは普遍のテーマなのではないでしょうか。

roomwith2

 

 

私の部屋の窓を開けると、映画のようにフィレンツェのドォーモは見えないけれど(笑)、

今朝は、金木犀の清々しい香りが一斉に部屋中に流れ込んできて・・・。

 

14484953_987841931325813_3324543487649765266_n

窓から四季折々のメッセージを受け取るとき、

それは風だとか、鳥の声だとか、木漏れ日だとか、雨音だとか・・・どんな小さなことでもいいのですけれど、

私の部屋からの眺めを、自分らしい感性で受け取って、大切に愛しんでいきたいと思っています。

14520411_987841904659149_1460502504088922375_n

あなたの「窓」のイメージは何でしょう?

そっと思い描いてみてくださいね。

そこからきっと、あなたらしいライフスタイルが観えてくるはずだから・・・・。

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月01日 | Posted in Art, Column, gallery, No Comments »