ポジティブとネガティブの程よいバランス – Harmonized space –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

 

一年中で一番寒い季節。日本海側では大寒波による大雪の模様のようですね。

冬は自然と共存して生きていくことの、

厳しさと美しさを最大に感じさせてくれるシーズンのような気がします。

 

もうとっくに冬至を過ぎたのですから、

日照時間は刻々と長くなっていて、もう春遠からじという今日この頃。

とはいえ、冬の間はやっぱりお家の中でプチ冬眠状態で過ごす時間も多いのでは? 

暖炉の効いたベッドルームにぬくぬくしながら、

 お部屋から外をぼーっと眺めたりするのも、

とっても優雅で贅沢な空間の使い方だと思いませんか?

 

そこで、今日は「空間」の大切さについてお話したいと思います。

 どうか暖かくして、お付き合いくださいね。

marvin_ultimate_casement_5

ニューヨークのパーソンズ・デザイン・スクール(Parsons School of Design)で、

インテイリア デザインを学んでいたとき、

 レジデンシャルデザイン(住宅のインテリア)のクラスの教授がおっしゃっていた、

今でもとても印象に残って大切にしている言葉があるのです。

 

それは

「ポジティブスペースばかりに気を取られずに、

ネガティブスペースとのバランスを大切にしなさい。」

というフレーズ。

このポジティブスペースと、ネガティブスペースっていったい何のことなのでしょう?

私たちは、ポジティブ、ネガティブと聞くと、積極的⇔消極的とか、

肯定的⇔否定的 とかを思い浮かべますね。

もちろんこの意味もあるのですが、ポジティブには、確固たるもの、形の在るもの

ネガティブにはそれに相反するものという意味があるようです。

あっそうそう、写真のフィルムのネガとポジのように、

相反して成立しているもの、というニュアンスでしょうか。

 

さて、先ほどのインテリアのお話にもどって、

教授のおっしゃった「ポジティブスペースとネガティブスペースのバランス」とは、

インテリアのデザインをするときに、

その部屋の中での相反するスペース、

つまり建物や、壁、窓、扉、そして家具や暖炉・・・・など、

ソリッドな部分を「ポジティブスペース」と呼び、

何もない空間のことをネガティブスペースと呼ぶのですね。

つまり、「ネガティブスペースを大切にしなさい」とは、

家具などの形あるものの置き場ばかりにとらわれず、

何もないスペース=住む人が心地よく存在し行動する空間を大事にすることが

インテイリアデザインの肝なのだと、そんなことが腑に落ちた経験でした。

 15570943_765024426978477_1744390267_n

この捉え方は、インテリアデザインだけでなく、

すべての考え方の中でも生かせそうです。

とかく私たちは、ポジティブを善しとして、

ネガティブではいけないことだと思いがちですけれど、

実はポジとネガは表裏一体。

ネガティブがあるからポジティブが存在するし、

ポジティブがネガティブを活かし際立たせる。

双方のバランスが美しく保たれていることが大切なのだと思うのです。

 

 

そういえば、東洋の「陰」と「陽」という言葉も、

ネガティブとポジティブに大いに通ずるところがありますよね。

陰は暗く陰湿なイメージで、陽は明るく温かいイメージですけれど、

老子曰く「この世のあらゆる事象は、「陰」と「陽」の相反する二つの性質を持ち、

両者の調和によって世界が保たれている」と。

また、「意識的に陰陽のバランスを取ることが大切である」と教えています。

14485098_990597311050275_5402313838443573804_n

これからの時代は、

物事を一方から見るのではなく、客観的に多角的に、違う視点からも観ていくこと。

二面性を受け入れて両面を大切に、バランスの取れた柔軟な生き方を選択すること。

 ポジティブとネガティブの程よいバランスで調和を取りながら、

健たかに たおやかに生きていくこと。

そんな意識を持つことで、私たちの住まいも、人間関係も、世界も、宇宙も、

すべてがハーモナイズしていくのではないでしょうか?

 

それにはまず自分のための場を見直すこと。

お部屋の中を見渡して、ポジティブスペースとネガティブスペースが

美しいバランスを奏でているかを感じてみませんか。

私も立春に向けて、春の日差しが訪れても喜んでくれそうな、

快適な住空間を創っていきたいと思うのです♡

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子 Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

 

 

 

 

2017年02月01日 | Posted in Column, gallery, シーズン, ライフスタイル, No Comments » 

グランピングの愉しみ方♪ アウトドア編 -Lets glamping!-

こんにちは、ライフスタイリスト乃浬子です。

前回の 「グランピングの愉しみ方♪ インドア編 –Let’s glamping –」

「グランピング」の面白さを感じ取っていただけましたでしょうか。

int23

 

前回も書きましたが、「キャンプ」とは、「アウトドアで、友人や家族と一緒に、

チカラを合わせて場作のプロセスを愉しみながら、

非日常空間を共有して絆をつなぐ体験のイベント」そんな風に私は思います。

なので、お家でも グランピングの遊び心のセンスをちょっと取り入れてみてはいかがでしょう?

っということで、今日のテーマは「プチグランピングをあなたのライフスタイルに♪」です。

ぜひ楽しんでくださいね。

 

私たちは住んでいる環境はそれぞれ異なっていますから、

自分らしいライフスタイルを楽しむためには、それぞれに創意工夫を活かして愉しみたいもの。

例えば上の写真のような、素敵なパティオを活かせば、気分はもうグランピングです♪

もちろんいろいろなキャンプ用品やキャンプファイヤーグッズを使い揃えても

最高の「グランピング」が味わえるけれど、

ちょっとしたアイテムをプラスするだけでも十分に素敵な空間を演出できると思うのです。

 

◆ 夜の「グランピングムード」を愉しもう♬

グランピングムードを盛り上げて楽しむなら、

こんなランタンを灯して、パティオやお庭のテーブルでお料理をしてみませんか。

70685

十分暖かいダウンやコートなどを着込んで、ブランケットと、あったかいドリンクも用意して、

中から外から、心身を温めてしまいましょう。

 

夏はバーベキューもいいけれど、これからの季節のメニューは、わたくしだったら

季節のお野菜や、キノコなどをた~~ぷり使って・・・

14681877_997884770321529_4562491174147598305_n

外でコトコト煮込むポトフや、シチューなんかがおすすめですね♪

できるだけ素材は大きめに・・・・。

31ae51bcaa9075d74e524ca80c4403e5

 

こんなふうに~!

このポトフに、美味しいパンとオリーブオイル、もちろんワインやホットウイスキーなど、

そして一緒に味わい語りあう家族や仲間が集っていれば、それはもう最高の「グランピング」

l3175240002682700

 

コンロを使ってマシュマロなんか焼いてみると、キャンプ気分が、さらに盛り上がりますね~(笑)

 

◆ グランピング風コーヒータイムは、チョコレートフォンデュなんかいいかも。

14713764_1001737489936257_6192761176856029708_n

14440918_990537344389605_4530401673899629234_n

◆ 清々しい空気を味わいながら、グランピングブランチもおすすめです!

ありあわせの箱や、バッグにセッティングしてみて。

 

14642226_1001737599936246_3362758600713932376_n

わくわくしてきました~(笑)

 

14573046_991273220982684_1104690566351943207_n

 

お休みの日の朝なら、グランピング@サンデーブランチなんですから、

ぜひシャンパンもご一緒に♪

14729359_1001737639936242_6026470361120299322_n

 

パティオ、ガーデン、テラス、バルコニー、そしてお部屋の中だって、

ちょっとした工夫次第で グランピング気分を味わうことができますね。

清々しい10月の空気の中で、ぜひ、あなたらしい「グランピングスタイル」を、

愉しんでみてはいかがでしょう。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月12日 | Posted in Column, gallery, No Comments » 

グランピングの愉しみ方♪ インドア編 -Let’s glamping –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

一年の中で、一番清々しい季節になりました。

こんなシーズンは、アウトドアで、思いっきり深呼吸したいものですね。

Hoyt Residence

 

第一話で 眺めのいいお部屋の窓のお話していたら、「眺めのいい窓」に出会ってしまいました!

その素敵な「窓」との出会いのきっかけは、「グランピング」

っということで、今日は「グランピング」初体験のお話を・・・。

是非お付き合いくださいね。

 

◆ グランピングってなに?

みなさまは「グランピング」ってご存知でしょうか?

昨年あたりからメディアなどが、こぞって注目しはじめたグランピングですが、

初めて耳にする方も多いかもしれません。

グランピング(Glamping)とは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を合わせた造語。

いわば「ゴージャスなキャンプ」っという感じでしょうか。

私たちの思う「キャンプ」とは、アウトドアの自然の中で、友人や家族と一緒にテントを張り、

火を起こし、バーベキューをしたり・・・。 みんなでチカラを合わせて場を作り上げること。

そのプロセスを愉しみ、絆を深めるためのイベントですよね。

何より、非日常体験が、一緒にできることが醍醐味なのではないかしら。

ワイルドなキャンプの要素も残しつつ、もっと手軽に、優雅に、ラグジュアリーに、

なおかつオシャレに、豪華に、快適に、・・・エレガントに愉しんでしまおうという、

なんとも贅沢極まりないキャンプが「グランピング」ということになりそうです。

 

◆ 世界のグランピング事情をちょっと覗いてみよう!

グランピングの歴史をざっくり紐解いてみましょう。グランピングは、1100年くらいに、

モンゴルの遊牧民のライフスタイルに端を発するいわれています。

さらにラグジュアリーさを増すのが 1900年代。ヨーロッパの富裕層たちが

アフリカの植民地でキャンプをするのに、ルイヴィトンのトランクに豪華な衣装やインテリア装飾品を

詰めて、テント内に持ち込み、同行シェフにゴージャスなお料理を作らせたという

何とも優雅かつ贅沢なグランピングが当時の流行だったそうです!

f0134225_1751238

そして、今世紀に入ってからは、いろいろなスタイルのグランピングが広まっているようですね。

 

1900年当時はスーパーセレブリティしか体験できなかった、「グランピング」ですけれど、

現代に生まれた私たちは、遊び心と好奇心さえあれば、独自の「グランピング」を愉しめる、

なんともステキな時代に生きているな~っとうれしくなってしまします♪

 

◆  っということで、実際に「グランピング」を体験してきました!

インドア&アウトドア、キャンプの楽しい趣向やおもてなしの醍醐味がいっぱいで、

何もかもお話ししたいのですが、前回の「眺めのいい部屋」からの流れということで、

眺めのいいキャビンの窓からの”VIEW” をぜひ、みなさんとシェアしたいと思います。

 

富士はもう秋の深まる気配。 

雨の中を歩いて到着したので、まずは暖かいハーブティのウェルカムドリンクをいただきました。

(食器がすべてキャンプ用品なんですw)

14492484_990537287722944_8695057609708668246_n

ほっと一息ついたところで、グランピングですから、「客室」ではなく「キャビン」と呼ばれる、

コテージ風のお部屋に案内していただきます。

14517493_990597064383633_6300350683475935795_n

おぉ~~~~なんと素敵な窓からの眺め! 「View from the window !!」 

雨模様で低くたなびく雲。マイナスイオンがいっぱいですー♪

 

14502932_1173575296046397_5741226039821365988_n

夕方になって、風が出てきて、雲の流れが幻想的な風情になってきました。

一つの窓から、刻々と自然の風景が変わるのも素敵です。

 

14463040_1173575276046399_4627513626130293146_n

夜の帳がおりると キャビンの窓辺でプチキャンプファイヤーを楽しみます。

ゆったりとワインをいただいているうちに、あれ~!?

目の前の暗闇のなかにすそ野が広がった稜線が、シルエットになって浮かんできたみたいですよ!

 

 

14469522_991273144316025_6616449568173134975_n

翌朝、目が覚めたら、Another view from the window !!!!! 

昨日とまるで違う別の景色が、窓の向こうに広がっていました!

14573046_991273220982684_1104690566351943207_n

もちろん、朝食は、富士山と一緒に~♪

 

「グランピング」は、日常でちょっと疲れていた、心のセンタクになりました。

『こんな素敵すぎる「グランピング」なんですから、

非日常のスペシャルイベントだけにしておくのはちょっともったいない!』

っということで、次回は、「お家で プチ グランピング気分を愉しんでみよう♪」  っというお話へと
to be continued ・・・

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月07日 | Posted in Column, gallery, No Comments » 
1 2