Column

家族が集うとき♪ -Happy Thanksgiving -  

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

日本では今日11月23日、勤労感謝の日ですね。

そして、明日11月第4木曜日は、アメリカではThanksgoving (サンクスギビング)という祭日です。

この似て非なる祝日が、それぞれにどんな日なのでしょうか? 

今日はそんなことを書いてみようと思います。

ぜひお付き合いくださいね。

integrity_wood-ultrex_round_top_4

まず みなさまは、勤労感謝の日って、どういう日なのかご存知でしょうか?

私たちが小さい頃学校や家では、

「お仕事をしているお父さんに感謝しましょう。」っと言われて育ったのですけれど

実はその起源は「新嘗祭(にいなめさい)」という五穀豊穣を感謝することから始まっているのです。

戦前から、日本では毎年11月23日に、収穫した農作物を神様にお供えすると共に、

その作物を天皇が食する新嘗祭は、なんと、飛鳥時代に端を発しているといわれています。

 つまり、勤労感謝の日の起源は作物の収穫をお祝いする儀式だったということ。

八百万の神の日本らしい発想ですね。

です が、戦後になって天皇由来の行事はタブーだとされ、

アメリカに既存するLaborday(勤労の日)と、Thanksgiving (感謝祭) を、

一緒にしたような、「勤労感謝の日」と、ちょっとこじつけっぽい祭日が設けられたのだとか。

 

現在の勤労感謝の日は、「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とされています。

このセンテンスを、勤労だけでなく、全ての恵みととらえて意訳すると

『お仕事をさせて頂く「コト」で、良き「モノ」たちが生まれ、

「ヒト」が共に豊に幸せに暮らせること。命の循環に感謝しましょう。』

という感じではないでしょうか。

 

 

一方アメリカのThanksgiving も、五穀豊穣・収穫を祝うことが起源となっていて

新嘗祭の感覚に近いのかもしれません。

かつて、イギリスから新天地を求めて移住してきた清教徒たちが、

先住民のインディアンから農耕や狩猟を教わり生き延びて、

無事に作物が収穫できたことを祝い神に感謝を捧げ、

助けてくれたインディアンを招待して食事をふるまったのが感謝祭の始まりなのだどか!?

当時は、インディアンと白人、お互いに助け合っていて仲良しだったんですね・・・・(^_^;)

 

 

 Thanksgiving day は、毎年11月第4木曜日。

木曜日と、金・土・日をThanksgiving weekend と呼んで、家族が一堂に集います。

家族を大切にするアメリカ人にとってのこの週末は、

むしろクリスマスやお正月より大切にしている人が多いのではないかしら?

その証拠に感謝祭シーズンになると、故郷や実家に帰省しようとする人々で、

エアポートもハイウェイも全米の交通網がもうとんでもない大混雑!

どこか日本のお正月やお盆と、とてもよく似ているように思います。

 

 

アメリカ人のお友だちのお宅に招いて頂いたことがあって、

その時の記憶から、私の「サンクスギビング」のイメージは、

上にある写真のような、夕暮れ時にあったかい灯りのともった窓のあるお家のエクステイリア♡

そして、そのお家のインテイリアには、集った家族の笑顔と共に、こんな豪勢なお料理が・・・・

thanksgiving-meal

ど~~~~ん!!っと\(◎o◎)/! 

感謝祭を象徴するお料理、スタッフドターキーです。

野菜・パンのクルトンなどを詰めてオーブンで焼き上げた「七面鳥の丸焼き」のこと。

マッシュポテトとグレービーソースを添えて、

甘酸っぱいクランベリーソースでいただくのが一般的ですね。

デザートにはアップルパイやパンプキンパイ。

そして大人気の、フットボールやメイシーズのパレードの中継をテレビで見ながら、

家族や親戚たちと一緒に団欒を愉しみます。

 

「メイシーズのパレード」というのは、ニューヨークの老舗デパート「メイシーズ」が主催する、

1924年から毎年続いているサンクスギビングのパレードのこと。

ニューヨークのアッパーウエストを出発して、ミッドタウンのメイシーズまで、

キャラクターたちの巨大なバルーンがパレードするんです♪

macys-thanksgiving-day-parade-2015_1_1

A Hello Kitty float goes down 6th Avenue for the 89th annual Macy's Thanksgiving Day Parade as seen from above street level on Thursday, Nov. 26, 2015, in New York. (Photo by Ben Hider/Invision/AP)

私は、パレード出発点にほど近いニューヨークのアッパーウエストサイドに住んでいたので、

パレード前日に、自然博物館脇に準備されて、今か今かと出番を待つ

たくさんのバルーンたちを見に行ったものでした。

日本のアニメから世界的なアイドルになった、ピカチューや、キティちゃんなどの

堂々とした巨大バルーンに遭遇すると、なんだかやたらと嬉しくなるものですね(笑)

 

Thanksgiving dayの翌日を「ブラックフライデー」と呼んで、クリスマス商戦がいっきにスタートします。

この日を境に街中が一斉にクリスマス一色になって、いよいよ本格的に冬が到来!

光り輝く華やかなクリスマスシーズンへと、ときが流れていくのです。

 

っということで、勤労感謝の日と、サンクスギビングデーのお話は、いかがでしたでしょうか?

私には、どちらも「共に生かして頂いていることに感謝する日」 

ざっくり言うと、そんな日なのかな~っと感じるのです。 

でもね、そうだったら、この日だけに限らず、日々感謝していたいものですけれど(笑)

 

 

ちなみに、新嘗祭は宮中だけでなく、11月23日に、伊勢神宮や出雲大社などでも

行われているそうです。

611

img_0

伊勢神宮などをはじめ、新嘗祭の儀式を部分的に観覧することができるところがあるようなので、

深まる晩秋の日に、どちらかの神社に参拝して、

古の日本人の自然への感謝の心に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年11月24日 | Posted in Column, gallery, イベント, No Comments » 

アートに溢れたライフスタイルを –Be a Life Artist ♡ –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

あっという間に11月・・・・ 秋がどんどん深まってまいりました。 

そろそろ、紅葉だよりも聞こえてきそうですね。

みなさまは秋といえば、何を思い浮かべるでしょうか。 

個人的には食欲の秋も捨てがたいのですけれど(笑)

11月3日が文化の日でしたし、今日は「芸術の秋」~アート について書いてみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいね。

victoriansunroom

「アート」をテーマに、なんて言っちゃいましたが、

いったいアートって何でしょうか? 美術館にある作品のこと? 

ちょっと漠然としていませんか?

私たちが普段「アート」というのは、広いアートの世界の中でも、ファインアートを示唆していて

アーティストの感性によって想像され、表現され、創造されたもの

「アート」というようです。

 

では、アーティストとは、どんな人たちなの?

一般社会に受け入れられるかどうかという、

世間に迎合することなく、自分自身を表現する人のこと。

理解されたり褒められたりする必要はないってことなのですね。

例えば、他の人がそんなところはどうでもいいじゃない?っと思うことを、どうしても譲れない人

そんなこだわりを持って制作している人のことをアーテイストと呼べそうです。

言い換えれば、損得勘定だったり、世間への受け狙いでは、アートは生まれないということ。

結果的に、どなたかに喜んでもらって、その喜びの対価を頂くことはとてもステキなことですが

どうやらそれが目的ではなさそうです。

 

 

 

ちょっと、違う観点から、アートを観てみましょう。

最近は、瀬戸内海が、アートの島と化していて、

「瀬戸内芸術祭」が行われているのをご存知でしょうか?

先日、たまたま仕事で高松~小豆島に行って、この芸術祭の一端を垣間見ることができました。

 

 

高松港にそびえる2本のタワー 「Liminal Air -core-」 

船や海との対話が観えるようですね。

 

p1070338

 

 

小豆島の棚田のなかにポッコリとたたずむ 「オリーブの夢」 という作品。

竹を組んで構築した内部がステキです♪

p1070531

 

そのほか、瀬戸内海の島々や、沿岸の街と、アーティストたちがコラボレーションをして、

すばらしい活性化を果たしている、一大イベントに成長しているようです。

 

ちなみに、小豆島のホテルの、「From Windows」 は、こんな感じでした♡

15002365_1019815568128449_4894773977300405907_o

 

 

さてさて、徒然なるままに、「アート」について書いてみましたが、 

アートというのは、あくまでも 主体的に、自発的に、自己表現のための作品を制作してしまったら、

あとは観る人々の感性に委ねる。 まさに、

Beauty is in the eye of the beholder. 「美は見る人の目のなかにあり。」 
美には基準や正解があるわけではなく、あくまでも見る人の心が美しいと感じとれば、
そこに「美」は存在しているという意味ですね。

 

ここまで書いてみて、ふっと気づいたのですが、アートというのは、作品そのものより、

その作品に込めたアーティストたちの想い、

彼らの生き方や在り方が表現されたカタチと言えるのではないでしょうか。

 

そして、瀬戸内海芸術祭 を観て思ったのは、アートとは独りよがりの産物ではなくく、

自然や、ヒト、場所、とのコラボレーションで生み出されるのだということでした。

 

そう、アートとは、生き方そのものかもしれない! 

私たちも、媚びずに迎合せずに「自分の人生」という壮大な作品の、

最高のアーティストであり続けたいですね。

 

 

トップの写真のようなステキなBay window (出窓) に、イーゼルを立てて、

窓から外を眺めながら、客観的にイメージした「自分の人生の絵」を、

真っ白な「ライフスタイル」というキャンバスに思いっきり描いてみたいなっと・・・

深まる秋の日に、そんなことをふっと思いました。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年11月06日 | Posted in Art, Column, gallery, No Comments » 

それぞれのハロウィンがあっていい – Happy Halloween!-

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

朝晩と日中の温度差が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

そして、そんなころにやってくるのがハロウィンです。

年を追うごとに仮装がエスカレートしていて、

実際、昨今のハロウィンはヴァレンタインの経済効果を大きく上回っているそうで、

日本の大きなイベント行事の一つに数えられるほどの盛り上りを見せているようです。

 

marvin_ultimate_casement_50

 

改めて伺いますが、みなさまはハロウィーンのこと、ご存知でしょうか?

そういわれてみれば、なんでおどろおどろしい仮装をするのか?

なぜカボチャをくりぬくのか? どうして、子供たちにお菓子を配るのか?

知らない方もいらっしゃるのでは?

第4話では、今ではとっても楽しいお祭りになったハロウィンのお話をしたいと思います♡

ぜひ楽しんでくださいね。

pumpkin-1679827__180

◆ いったいハロウィンとは?

一言で言うと、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りのこと。

起源は、古代ケルト人のライフスタイルからだそうです。 10月31日に夏が終わり、

翌日から冬が始まることから、その夜に死者の霊が家族を訪れると信じられていました。

日本で言うと大晦日とお盆が一緒になったって感じでしょうか・・・。

家族の霊と一緒にやってくる精霊や魔女がいて、それらから身を守るために仮面を被って、

魔除けに焚き火を焚いた名残が 仮装やランタンというイベントにつながって行ったのですね!
Stampa

31日の夜は、カボチャを (アメリカに渡る前はカボチャでなく、なんとカブだったとか!?)

くりぬいた「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を飾ったり、

仮装した子供たちがご近所を「トリック・オア・トリート(Trick or treat.

「お菓子をくれないと悪さをするよ」)っと言いながら廻るのですが、

これは、中世にお祭り用の食料をもらって歩いた、農民たちの姿のなごりなんだそうです。

カルチャーが変遷していくってとっても面白いですね。

子供たちが現れたら、「Happy Halloween!」っとお菓子をあげながら言い返せばいいのですけれど

ニューヨークに移り住んだ最初の年のハロウィンで、

突然のノックにドアを開けたら、仮装した子供たちが!!

このお作法をまったく知らなかった私はもうドギマギしちゃって・・・(;^_^A アセアセ・・・。

スマートな切り返しが全然できなかったことを今でもザンネンに思い出します(笑)

Multi-ethnic children dressed in Halloween costumes

 

イギリスから、アメリカに渡ったハロウィンは、宗教色が消えていって、

仮装やパレードを楽しむイベントになっているようです。

ニューヨークでは、5万人余りの人々が参加する

盛大なグリニッチヴィレッジ・ハロウィンパレードがすごい!

仮装していれば誰でも飛び入り参加ができちゃうので、

私もヴェニス風のマスカレードを着けて、想いもよらない見事な仮装で、大賞候補のツワモノたちに紛れて、

パレードの中を歩いたことがあって、それはそれは楽しい経験でした♪

 

21世紀に入ってから、日本のハロウィンは、ますますエネルギッシュに進化しているようです。

渋谷などの街を歩いていると、仮装している人のほうがノーマルなんじゃないかって、

そんな錯覚に陥るほど、毎年仮装人口が増殖しているみたい (笑)

こんな風に、たまには自分の想像性と創造性を思いっきり開放して表現することって、

私はとってもすてきだなっと思うんです♡

だからこそ、出来合いのコスチュームに頼るだけでなく、今ある何かに創意工夫を凝らして、

オリジナリティのあるスタイリングを楽しんでほしいなっと、そんな風に思ったりもしています。

 

インテリアにしてもそう💡

大々的に蜘蛛の巣やコウモリなどをデコレーションをするのもそれはそれで素敵なのだけれど、

例えば上の写真のようなベッドルームの窓辺に、

こんなパンプキンヘッドたちを並べてみるだけでも、

1414728129396

シンプルなドアリースに、ドクロのモールをクルクルっと巻き付けてみたりしても・・・。

ほんのちょっとした工夫で、ワクワクする季節感を演出できたりするのではないでしょうか。

ぜひ、あなたらしいハロウィンを愉しんでくださいね♪

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月17日 | Posted in Column, gallery, イベントNo Comments » 

グランピングの愉しみ方♪ アウトドア編 -Lets glamping!-

こんにちは、ライフスタイリスト乃浬子です。

前回の 「グランピングの愉しみ方♪ インドア編 –Let’s glamping –」

「グランピング」の面白さを感じ取っていただけましたでしょうか。

int23

 

前回も書きましたが、「キャンプ」とは、「アウトドアで、友人や家族と一緒に、

チカラを合わせて場作のプロセスを愉しみながら、

非日常空間を共有して絆をつなぐ体験のイベント」そんな風に私は思います。

なので、お家でも グランピングの遊び心のセンスをちょっと取り入れてみてはいかがでしょう?

っということで、今日のテーマは「プチグランピングをあなたのライフスタイルに♪」です。

ぜひ楽しんでくださいね。

 

私たちは住んでいる環境はそれぞれ異なっていますから、

自分らしいライフスタイルを楽しむためには、それぞれに創意工夫を活かして愉しみたいもの。

例えば上の写真のような、素敵なパティオを活かせば、気分はもうグランピングです♪

もちろんいろいろなキャンプ用品やキャンプファイヤーグッズを使い揃えても

最高の「グランピング」が味わえるけれど、

ちょっとしたアイテムをプラスするだけでも十分に素敵な空間を演出できると思うのです。

 

◆ 夜の「グランピングムード」を愉しもう♬

グランピングムードを盛り上げて楽しむなら、

こんなランタンを灯して、パティオやお庭のテーブルでお料理をしてみませんか。

70685

十分暖かいダウンやコートなどを着込んで、ブランケットと、あったかいドリンクも用意して、

中から外から、心身を温めてしまいましょう。

 

夏はバーベキューもいいけれど、これからの季節のメニューは、わたくしだったら

季節のお野菜や、キノコなどをた~~ぷり使って・・・

14681877_997884770321529_4562491174147598305_n

外でコトコト煮込むポトフや、シチューなんかがおすすめですね♪

できるだけ素材は大きめに・・・・。

31ae51bcaa9075d74e524ca80c4403e5

 

こんなふうに~!

このポトフに、美味しいパンとオリーブオイル、もちろんワインやホットウイスキーなど、

そして一緒に味わい語りあう家族や仲間が集っていれば、それはもう最高の「グランピング」

l3175240002682700

 

コンロを使ってマシュマロなんか焼いてみると、キャンプ気分が、さらに盛り上がりますね~(笑)

 

◆ グランピング風コーヒータイムは、チョコレートフォンデュなんかいいかも。

14713764_1001737489936257_6192761176856029708_n

14440918_990537344389605_4530401673899629234_n

◆ 清々しい空気を味わいながら、グランピングブランチもおすすめです!

ありあわせの箱や、バッグにセッティングしてみて。

 

14642226_1001737599936246_3362758600713932376_n

わくわくしてきました~(笑)

 

14573046_991273220982684_1104690566351943207_n

 

お休みの日の朝なら、グランピング@サンデーブランチなんですから、

ぜひシャンパンもご一緒に♪

14729359_1001737639936242_6026470361120299322_n

 

パティオ、ガーデン、テラス、バルコニー、そしてお部屋の中だって、

ちょっとした工夫次第で グランピング気分を味わうことができますね。

清々しい10月の空気の中で、ぜひ、あなたらしい「グランピングスタイル」を、

愉しんでみてはいかがでしょう。

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月12日 | Posted in Column, gallery, No Comments » 

グランピングの愉しみ方♪ インドア編 -Let’s glamping –

こんにちは。ライフスタイリスト乃浬子Noriko K. です。

一年の中で、一番清々しい季節になりました。

こんなシーズンは、アウトドアで、思いっきり深呼吸したいものですね。

Hoyt Residence

 

第一話で 眺めのいいお部屋の窓のお話していたら、「眺めのいい窓」に出会ってしまいました!

その素敵な「窓」との出会いのきっかけは、「グランピング」

っということで、今日は「グランピング」初体験のお話を・・・。

是非お付き合いくださいね。

 

◆ グランピングってなに?

みなさまは「グランピング」ってご存知でしょうか?

昨年あたりからメディアなどが、こぞって注目しはじめたグランピングですが、

初めて耳にする方も多いかもしれません。

グランピング(Glamping)とは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を合わせた造語。

いわば「ゴージャスなキャンプ」っという感じでしょうか。

私たちの思う「キャンプ」とは、アウトドアの自然の中で、友人や家族と一緒にテントを張り、

火を起こし、バーベキューをしたり・・・。 みんなでチカラを合わせて場を作り上げること。

そのプロセスを愉しみ、絆を深めるためのイベントですよね。

何より、非日常体験が、一緒にできることが醍醐味なのではないかしら。

ワイルドなキャンプの要素も残しつつ、もっと手軽に、優雅に、ラグジュアリーに、

なおかつオシャレに、豪華に、快適に、・・・エレガントに愉しんでしまおうという、

なんとも贅沢極まりないキャンプが「グランピング」ということになりそうです。

 

◆ 世界のグランピング事情をちょっと覗いてみよう!

グランピングの歴史をざっくり紐解いてみましょう。グランピングは、1100年くらいに、

モンゴルの遊牧民のライフスタイルに端を発するいわれています。

さらにラグジュアリーさを増すのが 1900年代。ヨーロッパの富裕層たちが

アフリカの植民地でキャンプをするのに、ルイヴィトンのトランクに豪華な衣装やインテリア装飾品を

詰めて、テント内に持ち込み、同行シェフにゴージャスなお料理を作らせたという

何とも優雅かつ贅沢なグランピングが当時の流行だったそうです!

f0134225_1751238

そして、今世紀に入ってからは、いろいろなスタイルのグランピングが広まっているようですね。

 

1900年当時はスーパーセレブリティしか体験できなかった、「グランピング」ですけれど、

現代に生まれた私たちは、遊び心と好奇心さえあれば、独自の「グランピング」を愉しめる、

なんともステキな時代に生きているな~っとうれしくなってしまします♪

 

◆  っということで、実際に「グランピング」を体験してきました!

インドア&アウトドア、キャンプの楽しい趣向やおもてなしの醍醐味がいっぱいで、

何もかもお話ししたいのですが、前回の「眺めのいい部屋」からの流れということで、

眺めのいいキャビンの窓からの”VIEW” をぜひ、みなさんとシェアしたいと思います。

 

富士はもう秋の深まる気配。 

雨の中を歩いて到着したので、まずは暖かいハーブティのウェルカムドリンクをいただきました。

(食器がすべてキャンプ用品なんですw)

14492484_990537287722944_8695057609708668246_n

ほっと一息ついたところで、グランピングですから、「客室」ではなく「キャビン」と呼ばれる、

コテージ風のお部屋に案内していただきます。

14517493_990597064383633_6300350683475935795_n

おぉ~~~~なんと素敵な窓からの眺め! 「View from the window !!」 

雨模様で低くたなびく雲。マイナスイオンがいっぱいですー♪

 

14502932_1173575296046397_5741226039821365988_n

夕方になって、風が出てきて、雲の流れが幻想的な風情になってきました。

一つの窓から、刻々と自然の風景が変わるのも素敵です。

 

14463040_1173575276046399_4627513626130293146_n

夜の帳がおりると キャビンの窓辺でプチキャンプファイヤーを楽しみます。

ゆったりとワインをいただいているうちに、あれ~!?

目の前の暗闇のなかにすそ野が広がった稜線が、シルエットになって浮かんできたみたいですよ!

 

 

14469522_991273144316025_6616449568173134975_n

翌朝、目が覚めたら、Another view from the window !!!!! 

昨日とまるで違う別の景色が、窓の向こうに広がっていました!

14573046_991273220982684_1104690566351943207_n

もちろん、朝食は、富士山と一緒に~♪

 

「グランピング」は、日常でちょっと疲れていた、心のセンタクになりました。

『こんな素敵すぎる「グランピング」なんですから、

非日常のスペシャルイベントだけにしておくのはちょっともったいない!』

っということで、次回は、「お家で プチ グランピング気分を愉しんでみよう♪」  っというお話へと
to be continued ・・・

 

 

今日もご一緒してくださってありがとうございました。

ライフスタイリスト 乃浬子Noriko K. でした。

noriko-k0606top 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2016年10月07日 | Posted in Column, gallery, No Comments » 
1 2 3 4 5