輸入住宅

RSSBLOG

フルオーダー可能な【メリットキッチン】について勉強しよう

2016.10.20

Pocket

Kitchen after 2いよいよ来週に迫ったジャパンホームショー(10/26~28 東京ビッグサイト)、私たちサンタ通商がブース出展でご紹介するのが主力商品の一つ「メリットキッチン」です。

今回は先週大阪で開催されたLIVING & DESIGN 2016の会場でお客様からいただいた質問や、東京恵比寿ショールームでよくいただくご相談について『素朴な疑問へのQ&A形式』で2回に分けてその特色をご説明したいと思います。

【メリットキッチン】はこんなキッチン

   日本のシステムキッチンと比べてどこが一番違うの?

一番良く聞かれるご質問が国産システムキッチンとの違いです。
「規格がインチ」「機器が外国製」これは皆さんがお持ちの輸入キッチンのイメージです。
正解ですがそれが全てではありません。

輸入キッチンの違いは何と言っても個性とライフスタイルそしてインテリアの”見せ場”になり得るところです。
玄関が”家の顔”とすればキッチンセットは”インテリアの顔”、その個性を完璧に表現するために、数万通りものデザインの組み合わせが存在します。

つまり、食事の用意をするだけの裏方ではなく、家の中心にあって人が集い憩い空間や時間を共にして楽しむ「心が豊かになる場所」なのです。

   輸入キッチンは高級なイメージしかない、実際のところ価格帯は?

規格セット品が存在しない事で「ピンからキリまで」という表現をしがちですが、メリットキッチンの価格帯の上下幅は実はそれほど広くはありません。

機器を最上級グレードで揃えたり、完全にゼロからプランする大型収納などを加えていくと、それなりの積み上げになるのですが、一般的に求められる実用的なセットであれば、最大でも20%程度の幅の中で、自由にデザインを選ぶことが出来ます。

輸入キッチンは「高くて手が出ない」という固定観念を一度捨てていただき、満足度と価格のバランスで長く使うものの価値を計ってみて下さい。

参考価格:I型2550㎜/ベーシックタイプで税別140万円~(輸送費・工事費別)

どうですか?

手の届く価格ではないですか?

   実物を見られるショールームは?

サンタ通商本社に併設されている渋谷区恵比寿ショールームには、メリットキッチンが展示されています。

ブログ読者の方にはご存じの方が多くおられると思います。

これぞ輸入キッチン!」というエレガントで装飾性の高い大型セットですが、こまかく見ていただくとアンティーク感を演出するチョーキング(墨入れ)加工やボトルホルダー・大型引出ラックなどオプション品が多数組み込まれていて、「コレは使えそう」というアイデアの集合体でもあります。

コンテンポラリーなデザインの照明器具との相性も必見です。

 

サンタ通商が運営する日本総輸入元「メリットキッチン」のショールームはこちら↓

それでは、ジャパンホームショーのブース、そしてショールームで皆様のお越しをお待ちしています。

メリットキッチンのホームページ


輸入建材カタログをご用意しました。

サッシやドア、モールディング、フローリング、キッチンなど、国産品では見つける事が出来ない
高性能で意匠性が高い輸入建材をご紹介しております。
より詳しい情報を知りたいという方は是非チェックしてみてください。

catalog_DL

Pocket