RSSBLOG

天窓からIoT ベルックス新型コントロールユニット新発売

2019.04.09

ベルックスactive_img01


   外出先から天窓を操作 -だけじゃない!

  外出中に 「お住まいの地域に雨雲が接近しています」 とスマホアプリのアラートが鳴って 「しまった!ロフトの天窓が開いたままかも?!」 とあわてた経験のある方はいらっしゃいませんか?ベルックスの電動開閉式トップライトには雨滴センサーが標準装備されているため、急な雨にあっても室内が水びたしになるような事はほとんどありません。
   では、スマホに降雨アラートが届いただけで自動的に天窓が閉まってくれたら・・・、室内の温度上昇やCo2濃度を感知して自動で窓の開閉をしてくれたら・・・、何だかちょっと夢のようではありませんか?

 今回ご紹介するのは、日本ベルックスから2019年4月1日に発売されたばかりの新商品 「VELUX ACTIVE with NETATOMO(*1) 室内コントロール」 です。

 

 ベルックスactive_img02 ベルックスactive_img03

 


   モノのインターネット -天窓で実現すると?

  この「ベルックス アクティブ」は天窓本体の名前ではなく、電動開閉式の窓やブラインドを操作するための”リモコン”が進化した商品、つまり、ホームオートメーションに対応するモバイルアプリとセットになった ”遠隔操作IoTガジェット” を指しています。ベルックスアクティブは発売中のモデルだけではなく、2010年以降に製造されたほぼ全ての電動式モデル(*2)に追加することができ、天窓を一気にIoT機器にアップデートできるスグレモノです。

  急な天候の変化にモバイルやオートで対応できるだけではなく、例えば、キッチンでお料理に腕をふるっている間やペットを置いて外出されている間にも 『室温』『湿度』『CO2濃度』 の室内トリプルセンサー(*3)が最適に機能し、室内の環境を常に快適に保ちます。一昔前までは考えられなかったような技術の進歩が、多くの方の暮らしを一歩進んだステージへと誘う最先端のシステムです。

 

ベルックスactive_img04a

ベルックスactive_img04b

 

製品については下記のQ&Aページで詳しく解説しています。 ご購入前の参考にご覧ください。
https://www.velux.co.jp/help-and-advice/support/activesupport

 


   標準リモコンが変更 -よりお求めやすく。

  電動開閉式・電動ブラインド付きユニットに付属する標準リモコンが、2019年4月より、液晶タッチパネル式からシンプルなボタン式に変更されました。これによってセット価格がお安くなり、より身近なチョイスとしてご検討いただけるようになりました。 もちろん、現行タイプは全て「ベルックス アクティブ」に対応しますので、この機会に快適で先進的なIoTライフを手にしていただく事もできます。

Velux_controller_2019update 上:ブラインド操作リモコン、下:天窓操作リモコン

 

  天窓は自然の光と風を使った「ガマンしないエコ」を実現できるこれからのアイテムです。新築だけではなく、リノベーション物件や児童・高齢者施設の新築・リフォームなどにもぜひご採用下さい。人と地球にやさしく、光と魅力があふれる建物をベルックスで実現できます。


*1 NETATOMO(ネタトモ)とは?
2011年5月に設立されたフランス企業です。NETWORK(通信)とATOMOSPHERE(環境)を組み合わせた造語を社名とブランド名に採用しています。2つの言葉が表すとおりネットワークを利用して、暮らしや環境を豊かにする製品を世界中で展開しています。近年では、IoT(Internet of Things・インターネットにつながるモノ)に代表されるネットワーク接続型の製品を、2011年という早い段階から市場で展開している、IoT機器のパイオニア的なメーカーです。

*2 ベルックス アクティブ 対応モデル/非対応モデルの見分け方
ベルックスリモコン
左から 第一世代リモコン(非対応)、 第二世代リモコン(対応)、 2019年3月までの第三世代リモコン(対応)
※手動タイプの天窓をベルックス アクティブに対応させるためのキット等はございません。

*3 室内トリプルセンサー
お部屋の外の気温/湿度/CO2濃度は計測できません。センサー及び操作リモコンは室内の任意の位置に設置できます。